ハーブ

【ラフマ】ヤンロンティーで知られる中国のハーブ「ラフマ」の健康効果とは?

「ラフマ」や「ヤンロン」って聞いたことありますか?

健康に気を使っている方の中では有名なハーブの一種です。

というのも実は、この「ラフマ」、精神を安定させる効果や、生活習慣病予防効果などがあるとされているんです。

本記事では「【ラフマ】ヤンロンティーで知られる中国のハーブ「ラフマ」の健康効果とは?」について解説します。

ラフマとは?

ラフマ
出典:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/luobuma_fiber/
  • luobuma fiber
  • 羅布麻 ヤンロン 紅麻 こうま トウバシクルモン 
  • Apocynum venetum

ラフマは、キョウチクトウ科の多年草で、中国の西部から北西部にかけてある羅布高原に自生する植物です。

夏頃に薄紅色または淡紫色の綺麗な花をつけます。

ラフマは繊維質に富んだ植物で、砂州や谷、山地の砂地を好み湿地に自生します。茎は直立し葉は楕円形で少し細身の卵形をしています。

ハーブの一種として知られており、葉は楕円形でお茶として飲用することができ、刈り取られても翌年には若葉を出す生命力の強い植物です。

ラフマの歴史

ラフマの歴史は古く、紀元200年頃、中国の三国志時代に名医華陀(カダ)が薬草として使用したとされています。

また、中国のウイグル地方では、数百年来ラフマの葉を煎じて「健康茶」として親しまれています。

マサヒロ

ラフマ茶を飲む地域は、病気の人が少ないと言われているそうです。

最近では、ラフマの研究が進み、お茶以外にもサプリメントや繊維商品など、幅広い使い方がされるようになっています。

ラフマの用途

ラフマ茶

ラフマの利用方法で、一番ポピュラーなのがお茶として飲む「ラフマ茶」です。

ラフマは別名「燕龍(ヤンロン)」とも呼ばれ、日本では「燕龍茶」として目にすることがあります。

created by Rinker
秋山産業
¥2,487 (2020/09/30 10:20:41時点 Amazon調べ-詳細)

ラフマの茎は繊維質に富んでおり、ラフマの繊維を含んだ織物も、血圧が低下するなど薬草の効果を持った布として知られています。

マサヒロ

「着る漢方」としてTシャツなどの繊維商品としても使われています。

嫁ちゃん

「ラフマ 繊維 Tシャツ」などで検索すると見つかりますよ。

ラフマの効果

ラフマで主に利用するのは葉の部分です。

ラフマの葉にはフラボノイドやアミノ酸が豊富に含まれています。

日本ではラフマは薬用成分には指定されていません。

精神を安定させる効果

ラフマには心を落ち着かせる効果があるとされています。

ラフマ抽出物を用いた動物実験で、ラットにラフマ抽出物を投与したところ、うつ状態を抑えることができ、ラフマの抗うつ作用が示されたそうです。

ラフマからはヒペロシドイソクエルシトリンといった成分が抽出でき、この成分がセロトニンを増加させるとされています。

生活習慣病の予防・改善効果

ラフマには生活習慣病の予防をサポートしてくれるとも期待されています。

ラフマにはケルセチンに変わるフラボノイドやカリウムが含まれています。そのため、血圧が正常に保たれ、高血圧予防にも。

マサヒロ

ラフマの繊維でつくられた寝具で寝るだけで、血圧が下がったとの報告もあるそうです。

喘息を予防する効果

ラフマには喘息の軽快、咳止め、痰、風邪の予防に効果があるという報告があります。

ラフマ繊維の寝具で寝ると、慢性気管支炎や喘息の改善した事例もあるらしいです。

抗菌効果

ラフマの葉にはカテキンが豊富に含まれています。

マサヒロ

カテキンは有名ですね。

緑茶にも含まれる風邪予防や、虫歯予防にも効果的な成分です。

まとめ

本記事では「【ラフマ】ヤンロンティーで知られる中国のハーブ「ラフマ」の健康効果とは?」について解説しました。

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。マサヒロ( @u2x_masahiro)でした。

ABOUT ME
マサヒロ@うつ病CEO
うつ病8年。寛解も再発も経験。 半農半IT企業代表。体調不良なことも多いですが、プログラマと米農家の二足のわらじで頑張ってます。 副業ブログは、収益ゼロの凡人なので安心して絡んでください。 嫁と子供とラブコメ漫画が生きがいのアラフォー。