ガジェット

【2020年8月版】カラーレーザープリンタ人気売れ筋ランキングTOP5

【カラーレーザープリンター売れ筋ランキング】

本記事では、「【2020年8月版】カラーレーザープリンタ人気売れ筋ランキングTOP5」ついて解説します。

レーザープリンターとは?

Q

レーザープリンターは、樹脂の粉(トナー)を、熱で溶かして紙に定着させるプリンターです。

インクジェットプリンターに比べ、1つのトナーで、約25倍多く印刷することができます。さらに、文字印刷のスピードも速く、大量の資料を印刷することに適しています。

マサヒロ

一般的に、会社のオフィスにあるプリンターは、レーザープリンターがほとんどですね。

参考:インクジェットプリンターとは?

インクジェットプリンターは、粒子化したインクを、用紙に直接噴きつけて印刷するプリンターです。

印刷スピードは劣りますが、解像度がレーザープリンターに比べ4倍ほど高いので、色味の再現性が高く、写真印刷に適しています。

マサヒロ

家庭用プリンターは、多くがインクジェットプリンターですね。

レーザープリンターのメリット・デメリット

メリット

メリット

  • 印刷スピードが速い
  • トナーの交換回数が少ない
  • 1枚あたりの印刷コストが安い
  • にじみづらい
マサヒロ

僕の場合、野菜のラベルにも使いたいので「にじみづらい」のも重要ポイント。

デメリット

  • 解像度が低い
  • 本体サイズが大きい
  • 消費電力が多い
  • 消耗品の価格が高い(トナー、感光体)
嫁ちゃん

写真を印刷するときは、インクジェットプリンターのほうがいいね。使い分けが理想。

レーザープリンターを選ぶときのポイント

注意

モノクロかカラーか

文字のみの資料を印刷するならモノクロが、本体価格もランニングコストも抑えられます。

一方、写真、色付きの資料などを印刷する場合は、カラー対応のものを選びましょう。

マサヒロ

あとからカラー対応にすることはできないので、しっかり用途を考えて選ぶ必要があります。

印刷速度

オフィスで使用する場合は、印刷速度の差は仕事効率にも直結します。

レーザープリンターの印刷速度は、1分間に20枚以上がほとんどですが、大量に印刷する機会が多いのであれば、毎分30枚以上印刷可能なモデルがオススメ。

マサヒロ

個人事業主や、スモールビジネスならそれほど印刷速度を意識する必要はないでしょう。

ランニングコスト

本体価格だけでなく、1枚あたり何円かかるかは、プリンターのコスパに大きく関わってくるので、要チェック。

レーザープリンターは、インクジェットプリンターに比べると、ランニングコストは低めですが、トナーカートリッジが非常に高額になるので、しっかりと調べておきましょう。

用紙サイズ

基本的な文書を印刷するだけであれば、A4サイズに対応しているモデルであれば十分。

業務用に、設計図やポスターなどを印刷するならば、A3サイズ以上に対応している機種が良いでしょう。

本体サイズ

レーザープリンターは、インクジェットプリンターに比べて、本体サイズが大きめ。特に、スキャナ機能のついた複合機タイプのものは

「せっかく買ったけど置く場所がない」ということが無いように、しっかりと設置場所を検討してから購入するようにしましょう。

通信方式

Wi-Fi通信対応の機種ならば、ケーブルが不要で、多数のマシンで共有できるため便利です。

マサヒロ

ケーブルの繋ぎ変えなどが発生しないので、Wi-Fi対応のものを選ぶのが良いでしょう。

スキャナつきの複合機かどうか

スキャン機能とコピー機能を搭載した3in1モデルであれば、複数の機能を1台でまかなえます。

嫁ちゃん

メンテナンス費や、スペースの節約にもなりますね。

ADF対応か?

複合機(コピー機)のADFとは自動原稿送り機能のことです。原稿をセットして、ADFを起動すると自動で原稿を読み取ってくれます。

紙の書類を電子化したり、コピーしたりする用途が多い場合は、ADF対応の機種を選びましょう。

レーザープリンタ売れ筋ランキング

第5位 EPSON LP-S6160

メーカーEPSON
商品名LP-S6160
タイプカラーレーザープリンター
印刷速度片面25枚/分(カラー/モノクロ)
ランニングコストカラー 約14.9円 / モノクロ 約3.3円
最大用紙サイズA3
本体サイズ使用時:W499.5×D610×H452(mm)
約44kg
解像度最大9,600×1,200dpi相当
通信方式有線LAN
複合機能なし

第4位 Canon Satera MF642Cdw

メーカーCANON
商品名Satera MF642Cdw
タイプカラーレーザープリンター
印刷速度片面21枚/分(カラー/モノクロ)
ランニングコストカラー 約18.0円/モノクロ 約3.4円
最大用紙サイズA4
本体サイズW451×D460×H413mm
約22.5kg
解像度9600dpi相当
通信方式有線LAN/無線LAN
複合機能スキャナ
片面ADF
インターネットFAX

第3位 Canon Satera MF644Cdw

メーカーCANON
商品名Satera MF644Cdw
タイプカラーレーザープリンター
印刷速度片面21枚/分(カラー/モノクロ)
ランニングコストカラー 約18.0円/モノクロ 約3.4円
最大用紙サイズA4
本体サイズW451×D460×H413mm
約22.5kg
解像度9600dpi相当
通信方式USB/有線LAN/無線LAN
複合機能スキャナ
両面ADF
FAX

第2位 ブラザー ジャスティオ MFC-L3770CDW

メーカーbrother
商品名ジャスティオ MFC-L3770CDW
タイプカラーレーザープリンター
印刷速度片面24枚/分(カラー/モノクロ)
ランニングコストカラー 約17.4円/モノクロ 約3.1円
最大用紙サイズA4
本体サイズW410×D509×H414mm
約24.5kg
解像度600×2400dpi
通信方式USB/有線LAN/無線LAN
複合機能スキャナ
両面ADF
FAX

第1位 Canon Satera LBP621

メーカーCANON
商品名Satera LBP621C
タイプカラーレーザープリンター
印刷速度片面18枚/分(カラー/モノクロ)※
ランニングコストカラー 18.0円/モノクロ 3.4円
最大用紙サイズA4
本体サイズW430×D418×H287mm
約12kg
解像度9600dpi相当
通信方式有線LAN/無線LAN
複合機能なし

※LBP621Cは、片面印刷のみ対応

まとめ

本記事では、「【2020年8月版】カラーレーザープリンタ人気売れ筋ランキングTOP5」ついて解説しました。

複合機としての機能を求めるかどうかで、かなり本体サイズと価格が変わってきます。

個人的には、Canonに決めようと思ってますが、まだ、もうすこし検討かな。

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。マサヒロ( @u2x_masahiro)でした。

ABOUT ME
マサヒロ@うつ病CEO
うつ病8年。寛解も再発も経験。 半農半IT企業代表。体調不良なことも多いですが、プログラマと米農家の二足のわらじで頑張ってます。 副業ブログは、収益ゼロの凡人なので安心して絡んでください。 嫁と子供とラブコメ漫画が生きがいのアラフォー。